2019年05月14日

内省トーク部:自分の弱さを見せ始めたら関係が変わってきた

前からの続きです。
意識的に弱みを見せるという話しの中で気づいたのが夫との関係の変化。

以前の私には「自分が100%の力を出してできないことなら人に頼ってもいい。そうでない時に人に頼るのはずるい甘えだ」という発想がありました。小さい頃から「自分のことは自分で」「お姉ちゃんなんだから全部自分でできて当たり前」という魔法の言葉をかけられていたからだと思いますが。。。

でも実際はそんな風に頑張るのはつらかったんですよね。それに無駄に頑張ると「女のくせに」って言われたりもしたし。

でも、自分のずるさ、醜さ、腹黒さ、ダメさなんかを認めて受け入れないと次に進めないよ、という話しを聞くようになり、嫌だったけど、少しずつ、ダメで自分勝手でわがままでズルくて、、、の✕な自分を出すように努力し始めました。

たとえば、、、スーパーでカートが散らばっているのを見ては「本当にもう!」と直していたのをやめて、あえてカートを置き去りにしてみたり。だって、、、人の目につかない場所(家の中など)ではちっとも丁寧じゃないし、モノを乱雑なまま放置している自分がいるんですもの。

嘘ついても仕方ない。
だって私そんなトコあるんだもん。

と目をつぶることが増えるうちに、本当は楽をしたかった自分を感じられるようになってきました。

ちなみに、、、不思議なことに、とっちらかったカートを放置したまま買い物を済ませて外に出てみたら、かつてないほどきれいにカートが整理されている光景に出くわして驚愕@o@! そういうコトがあるとは聞いていましたが、ありましたねぇ、なぜか。。。

で、話は戻って。楽をしたがる自分に少しずつ◯が付くようになり、以前なら頑張って自分で動かしていた重い物も「これ、あっちに移して!」と夫を顎でこき使う(?)ようになり。するとなぜか「よし、任せとけ!」と嬉々として動いてくれるではあーりませんか。

それどころか「今日の夕食、何にする?」と聞かれて「今日はこーゆーのを作るつもり」と答えると、「よし、わかった!」となぜか夫が台所に立ち始めて。(ちなみに夫は料理を作るのが好きで私よりうんと上手)

以前のヒネた私なら「この人は、、、そうやって私に罪悪感を与えようとしているんだ!」「何よ、これ見よがしに!」なんて思っていたでしょうけれど、今は素直に感謝しかありません。

「ない」を探せばいくらでも見つかると思うのですが、それ以上に「ある」が見つかってしまう。

自分に付けていた✕を受け入れたことで夫との関係も変わってきたことに気づけた内省トーク部タイムでもありました。やはり家庭内が平和というのはいい。
posted by kyana@ストレングスファインダーファン at 11:00| Comment(0) | 内省トーク部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

内省トーク部:時代が変わり、主人公のキャラも変わった


話しの流れからマンガ?アニメ?の話にもなったのですが、、、そこは私には付いていけず。だって最近のアニメや漫画はほとんど知らないんだもの。

とはいえ、その中でも発見がありました。

世代の違いというのか、社会や時代が変わったということなのか、最近のアニメなりマンガなりの主人公って全知全能やウルトラヒーローではないし、何でもできる(困難に直面しても自分で状況を打開していく)という設定ではないのですね。

私が慣れ親しんだ世界では、ゴルゴ13に代表されるような自分で何でもできてしまうしやってしまうのが主人公でした。そこには弱さは感じられなかった。というか、弱い=ダメ=敵にボコボコにやられてしまうので主人公になれるわけがない、という世界観。

で、ゴルゴは別として、窮地に陥ったとき*だけ*味方や部下や同僚が登場して主人公は本来のパワーを回復し、敵をバッタバッタとなぎ倒してカッコよく去っていく。。。

そんな世界観で育った人間にとっては、

自分が頑張るのは当たり前。
自分が頑張った上で人も助けて一人前。

あーーーー、そんな価値観で生きてきてたのかーーー、という気づきがありました。

自分の弱さをさらけ出すどころか、自分に弱みがあるのはダメなこと。
だから無駄に頑張ろうとしてたんだなぁと。

けれどね。自分の弱さを認め、弱い自分も受け入れて、弱さを素直に表現することで、自分を取り巻く世界が変わっていく。そんな世界もあるし、その方が楽なんですよね。

今どきのアニメなりマンガなりでは、最初から主人公に弱さが設定されていて、だから人とも助け合えるし、チームとしてより大きな成果も出していけるんだなと。まぁ、確かに、人ひとりでできることなんてたかが知れてますから。。。

とはいえ、大切なのは大きな成果を出すことじゃなくて、
それぞれが生きやすくなることだと思うのです。

続きます。
posted by kyana@ストレングスファインダーファン at 11:00| Comment(0) | 内省トーク部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

内省トーク部:強さについて

今朝は内省トーク部のオンライントークでした。

内省トーク部というのは、この方が開いていらっしゃるオンラインサロンみたいなもの。オンラインサロンというもの自体をよく理解できていないので間違っているかもしれませんが・・・、ストレングスファインダーの内省持ちが月1で集まり、さまざまなテーマでオンライントークを繰り広げるという、内省持ちにはとても楽しい時間です。

今回のテーマは「強さ」でした。事前に投げかけられていた問いの中に「あなたが強いなぁと思う人は誰?」というのがありましたが、、、参加者5名のうち、主催者の大原亜希さんを除く全員が「パッと思いつかなかった」のは内省あるあるなんだろうか?

私も最初は誰も思い浮かばなかったのですが、ちょうど皇室の代替わりのタイミングだったこともあり、上皇妃となられた美智子さん(とあえて親しみを込めて♪)は強い方だなぁと思ったのを思い出しました。

正田家から皇室に嫁がれて、それはそれは苦労なさったはず。その中でも自分を見失わず、バッシングの中で声を失われたこともあるけれど、おごらず高ぶらず、天皇とともに各地を回れるときも、単に天皇に従うというよりも自身の意思で公務に取り組んでこられたように思えて、そこに強さを感じました。

上皇に強さを感じられた方(男性)もありましたが、私が上皇妃に強さを見出したのは、やはり自分と重なる部分があったからだと思います。

まず第一に同じ女性だということ。それから結婚で環境がガラッと変わり、右も左もわからない中でさまざまな出来事に遭遇したこと・・・

ヘタレな私は「やってられっかー!!!」と投げ出すこともできましたが、美智子さんはそういうわけにはいかず、意志の力で乗り切っていくしかなかった。そしてすばらしい皇后になられた。その姿に強さを感じたのです。

トーク部である人がこうおっしゃっていました。

誰かを強いと思うのは、自分との違いをどうとらえるかによる、と。
(表現は違うかもしれませんが、そんな感じ)

納得!でした。他の人が持つ自分にはない一面を肯定的にとらえたとき、その人を「強い」と思う。否定的にとらえたときは「弱い」と思う。強い、弱いはとらえ方の違いでしかない。

その話の流れでマンガ?アニメ?の話にもなったのですが、、、長くなるので、続きはまた明日♪

posted by kyana@ストレングスファインダーファン at 11:18| Comment(0) | 内省トーク部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。