2019年09月28日

収集心でヒンディー語動画の謎を解く

面白そうなヒンディー語の動画が流れてきた、どんな内容なのだろう、解説文(ヒンディー語)が日本語/英語/タイ語/インドネシア語でわかればいいのだけど・・・という投稿をSNSで見つけた。

ヒンディー語は日本人にはなじみがない言語のひとつ。もちろん私だって知らない。けれどこの本を読んでいたので、知らない言語だって何とかなるだろうと思った。(今回の検索には直接関係がないが、気持ちを後押しした一冊として紹介する)



さて、投稿を読んですぐさま私の「収集心」が発動された。
最終的に英語の字幕付き動画にたどり着いたのだが、今回はその過程を紹介しようと思う。

1.とりあえずグーグル翻訳

原文をヒンディー語に設定してやってみた。
日本語は意味不明。
英語は文章としては意味が通るけれど、文脈的にちんぷんかんぷん。
タイ語とインドネシア語も意味不明とのことだった。(ほぼ日本語と同じとのこと)

ちなみに原文、日本語訳、英語訳はこんな感じ。

ヒンディー語(原文):
आखिर मूछों वाले नत्थूलाल ने ऐसा क्या किया कि वे बाकी गाँववालों से पीछे रह गए? जानने के लिए @SrBachchan को देखिए दरवाज़ा बंद द्वितीय में। #SHS2019

日本語訳:
結局のところ、ナチュラルは口ひげで何をして、彼が残りの村人たちの後ろに遅れをとったのですか? 知るには、ドアロックIIの@SrBachchanをチェックしてください。 #SHS2019

英語訳:
After all, what did Nathulal with a mustache do so that he lagged behind the rest of the villagers? To know, check out @SrBachchan in Door Lock II. # SHS2019


2.動画を確認

訳を見てもちんぷんかんぷんだったので、動画が手掛かりになるかもと思って再生してみた。口髭のおじさんがトイレに駆け込むのを見て子どもたちが歌って踊る、いかにもインド映画という感じ。

面白そうだけれど、内容はさっぱりわからない。。。ということがわかった。
ちなみにこの動画は https://twitter.com/swachhbharat/status/1173872703901560833 で見ることができる。


3.投稿者名

ダメもとで投稿者名の Swachh Bharat をグーグルで検索してみた。
すると「クリーン・インディア・ミッション」と日本語でヒットした。
環境問題に関係があるらしいとわかる。

念のために Swachh Bharat でグーグル翻訳(英訳)してみたが、原語のまま変わらない。そこで1語ずつやり直してみた。
Swachh は clean、Bharat は India。
よし、これに mission が付けば確かに「クリーン・インディア・ミッション」だ!

すぐさま「クリーン・インディア・ミッション」で検索。日本語でいろいろ出てきた。
結果として、このミッションは
  • インドのモディ首相が開始したトイレ設置計画の取り組みであること
  • ガンジー生誕150周年を迎える2019年までに100%のトイレ普及率を目指していること
とわかった。

なお、ここで注意すべきことがある。それは、

グーグルで情報を得る時は、その情報の発信母体をよく確認すること。

つまり、この情報はどこまで信頼できるか?を確認することが大切ということだ。
特に仕事で集める場合は「誰が、どういう立場で、発信している情報か?」を常に意識しておく必要がある。

今回は趣味の延長で調べるだけだったのであまり神経質にはならなかったが、それでも単なる個人ブログがトップに出てきたらその人のスタンスは確認していただろう。


4.投稿者のプロフィール

ツイッターへの投稿だったのでプロフィールを見てみた。

Official account of Swachh Bharat Mission (SBM) Grameen #MyCleanIndia #OpenDefecationFree  Subscribe to our YouTube channel: http://tinyurl.com/sbmgrameen

これはSBM(クリーン・インディア・ミッション)グラミンの公式アカウントで、YouTubeチャネルにさまざまな動画をアップしていることがわかった。

SBMグラミンが少し気になったが、今回は調べなかった。動画の内容を知るにはあまり関係がないような気がしたからだ。仕事ならここも押さえておく必要があるだろう。


5.YouTubeチャンネル

YouTube チャンネルに飛んだ。動画を1つずつ確認する前に概要を見てみた。2014年10月2日にインド首相が音頭取りとなってこのミッションを開始し、ガンジー生誕150年にあたる2019年をゴールとしているのがわかる。上記3で集めた情報が間違っていないことがここでも確認できた。

そして動画のサムネイルを見ていくと、、、おお、何ということだろう!
とある動画の説明に Hindi with English... という文字が見えるではないか!

これって、もしかして、英語字幕入りってこと・・・???

開いてみたらまさにその通りだった!

実はSNSにアップされていたのはショートバージョンで、YouTube チャンネルにはロングバージョン(といっても1分少々)がアップされていたのだった。

動画は全シリーズ3本。(SNSでもこの3本が取り上げられていた)

 (真のヒーローは誰?編)

 (節約できた!編)

 (Nathulal おじさん編)

どれも冒頭で村にトイレが届いた様子が流れ、次にちょっとしたエピソードが入り、最後にトイレを使うことの重要性が説かれている。(あとでそれぞれの内容も紹介しようと思う)

さて、以上で検索終了、めでたしめでたし・・・なのだが、実はもう1つ調べたいことがあった。

それは動画の最後でトイレの重要性を説く印象的なおじさんのこと。
上のサムネイルにも登場しているのだが、このおじさんは一体誰!?

ヒントは原文にあった。@SrBachchan。リンク先はツイッターの Amitabh Bachchan のプロフィール。で、ここでもダメもとで Amitabh Bachchan を検索してみると、、、インド映画界では知らない人はいないほどの大スターだとわかった。

アミターブ・バッチャン。日本語の Wiki にも記事が出ている。そして何と、あのブラピが主演した「華麗なるギャッツビー」にも出演していた!(単なる通りすがり程度の役ではなさそう)

なるほどねぇ、だからあれだけ存在感があったのか。


と、こんな感じで検索を進めたのだった。

収集心上位者はどんなふうに検索しているのか、何かのヒントになれば幸いである。

ラベル:収集心
posted by kyana@ストレングスファインダーファン at 21:06| Comment(0) | 収集心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。