2019年05月21日

長期戦略? 無理!

長期的な戦略を立てるのは苦手です。
考えようとしても頭の中が真っ白になって何も浮かばない・・・
だって、、、「先のことなんて誰にもわからないのに、どうやって考えろと?」

若い頃から、なぜ自分がこうなのかわかりませんでした。
でもストレングスファインダーに出会って納得。

未来志向、目標志向、戦略性がすべて下位。
加えて慎重さ、適応性が上位。

そりゃ、無理だわ!

適応性にとって、未来は予測不能に満ちています。
言い換えるなら、未来はあらゆる可能性に満ちているのです。

5分先、24時間先、1週間、1か月、半年先、、、くらいまでならともかく、
1年、3年、5年、10年先なんてどうなるかわからないのが当たり前じゃないですか。

加えて、事前のリスク管理をとても大切にする慎重さがこう叫びます。

「何もわからない未来に対して、どんなリスク管理をしろと?」
「無理、無理、無理、無理っ!」
「将来何が起こるかわからないのに、今から対応できるわけないじゃない!」

未来志向上位の人は先のことを考えるとワクワクするようですが、私にはありません。
未来=リスクを取り除く対象、という発想が強いようです。

まぁ、そんなこんなで長期的な視点に立つのがとても苦手。
でも考えねばならない時もある。
ではどうするか?

1.素の自分には無理なことを認めて受け入れる。
2.その上で、緩める。

「未来のことはわからないのだから、おおざっぱにとらえてもいい。道を変えてもいい」とつぶやきながら、
あれこれ細かくシミュレーションしたがる慎重さにはちょっとお休みしてもらって、
「その時になればどうにかなるさ~♪」の適応性に前に出てもらう。

チームのトップとして動く場合には問題ありかもしれませんが、
そのときは自分にはない資質を持つ人たちに助けてもらうのがいいかもしれません。
ま、今の私には不要な心配ですが。

また、慎重さには「損したらどうしよう」「できるだけ損しないように」という怖れがある気がします。なので、

「損してもいい、意外と損しないもんだし」
「慎重さがあるから、大損することはない」
「たとえ大損しても適応性で対応できるよ」

などの言葉で慎重さを緩めて自分を安心させようかなと思います。
posted by kyana@ストレングスファインダーファン at 11:20| Comment(0) | ストレングスファインダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。