2019年05月12日

内省トーク部:強さについて

今朝は内省トーク部のオンライントークでした。

内省トーク部というのは、この方が開いていらっしゃるオンラインサロンみたいなもの。オンラインサロンというもの自体をよく理解できていないので間違っているかもしれませんが・・・、ストレングスファインダーの内省持ちが月1で集まり、さまざまなテーマでオンライントークを繰り広げるという、内省持ちにはとても楽しい時間です。

今回のテーマは「強さ」でした。事前に投げかけられていた問いの中に「あなたが強いなぁと思う人は誰?」というのがありましたが、、、参加者5名のうち、主催者の大原亜希さんを除く全員が「パッと思いつかなかった」のは内省あるあるなんだろうか?

私も最初は誰も思い浮かばなかったのですが、ちょうど皇室の代替わりのタイミングだったこともあり、上皇妃となられた美智子さん(とあえて親しみを込めて♪)は強い方だなぁと思ったのを思い出しました。

正田家から皇室に嫁がれて、それはそれは苦労なさったはず。その中でも自分を見失わず、バッシングの中で声を失われたこともあるけれど、おごらず高ぶらず、天皇とともに各地を回れるときも、単に天皇に従うというよりも自身の意思で公務に取り組んでこられたように思えて、そこに強さを感じました。

上皇に強さを感じられた方(男性)もありましたが、私が上皇妃に強さを見出したのは、やはり自分と重なる部分があったからだと思います。

まず第一に同じ女性だということ。それから結婚で環境がガラッと変わり、右も左もわからない中でさまざまな出来事に遭遇したこと・・・

ヘタレな私は「やってられっかー!!!」と投げ出すこともできましたが、美智子さんはそういうわけにはいかず、意志の力で乗り切っていくしかなかった。そしてすばらしい皇后になられた。その姿に強さを感じたのです。

トーク部である人がこうおっしゃっていました。

誰かを強いと思うのは、自分との違いをどうとらえるかによる、と。
(表現は違うかもしれませんが、そんな感じ)

納得!でした。他の人が持つ自分にはない一面を肯定的にとらえたとき、その人を「強い」と思う。否定的にとらえたときは「弱い」と思う。強い、弱いはとらえ方の違いでしかない。

その話の流れでマンガ?アニメ?の話にもなったのですが、、、長くなるので、続きはまた明日♪

posted by kyana@ストレングスファインダーファン at 11:18| Comment(0) | 内省トーク部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。