2019年04月28日

どうして中途半端なんだろう?

適応性。その場その場に対応していく資質。
裏を返せば、いくらでも目移りしてしまう?

自分の中のの1つに、最後までやりきらずに次に移ってしまう があった。

たとえば読書。

子どもの頃、母が「少年少女世界文学全集」みたいなのを定期購入してくれていた。最初は親の命令?で読み始めたのだが、すぐにとりこになり、私の内面世界はどんどん広がっていった。そういう機会を与えてくれた母には感謝している。

で、ほとんど毎回そうだったのだが、終わりの頃になると自分の読み方がすごく雑になっていった。最後の数ページになると義務的に文字を追い、ひたすら消化していく感じ。

そんな自分が不思議でならなかった。

そのときの内面の声は、はやく終わって次に行きたい!もういいから、早く次に!

読み終えた!という達成感を味わいたいという気持ちよりも、とにかく早く終わらせたいという気持ちの方が強がった。

「最後まできちんとやりなさい」という親の教えに従って義務としてゴールに到達していたが、もしそういう親の教えがなければ途中で投げ出して次に移っていただろう。

そしてここ数年。自分の中の「べき」「ねば」を手放すことを意識し始めたら、見事な中途半端人間が出来上がってしまった。

図書館で借りてきた本も積読のまま返したり、半分程度で別の本に手を出したり。面白そうだなと始めたこともやりかけのまま別のことを始め、それも途中で放り出して別のことを始めたり。ひどいときには5分程度で「次」が来ることも・・・。(これは最近の特長)

とっちらかって収拾がつかなくなることも多いが、あははと笑って終わらせてしまう。

私ってこんなに中途半端な人間だったのか。。。と軽く自己嫌悪に陥ることもあったのだが、最近、Gallup認定ストレングスコーチ りょうじさんのブログの中に答えが見つかってホッとした。

適応性の人から『いろいろ対応している間にとっちらかってしまって、どこに向かっているんだかわからなくなることがあります』という話を受けることがある。

そっかー、適応性か。
(ちなみに私の適応性は6番目)

「最後までやり抜きたい」という思いはあるけれど、目標志向も規律性も低い(22位、28位)こともあり、ついつい目の前の「面白そうなこと」を優先してしまうんだな。

と、この解釈で合っているのかどうかわからないが、少なくとも自分的には納得した。そして内省が喜んでいる。
posted by kyana@ストレングスファインダーファン at 10:12| Comment(0) | 適応性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。